ロゴ

【副業しないと老後が危ない!?】サラリーマン会社員デザイナーにおすすめな副業3選【老後必要資金は2,000万】

グラフィックデザイナー 仕事・働き方

こんにちは、さる基地(@sarukichi2019)です。

グラフィックデザイナーは給料が安い、
ニュースで年金だけじゃ足りないと聞いたけど大丈夫?
どうしたらいいか思いつかない…

こういった疑問を解決します。

結論、グラフィックデザイナーは今こそ副業をはじめる(または始める準備をすべき)べきです。
先日、こうツイートしました。


政府が公式に発言したように老後の年金は少ないから自分で生活費を何とかしなくてはなりません。(撤回するコメントも言い始めてますが、ハッキリいって年金の未来は暗いです)

こうなってくると、今後は国が正式に副業を認める日が来るのは近いと誰もが考えたはずです。

デザイナーという職業は実はかなり副業有利な職種です。持っているスキルを活用すれば、本業以上に稼ぐことも可能です。


そのことを深掘りします。

グラフィックデザイナーは副業すべき。老後の生活費は自分で稼ぐ

デザイナーは副業すべきです。
なぜなら政府がこう発表したからです。

もうね、目に見えて国民はお金が足りなくなりますね。
そうなると稼ぐしかありません。一発起業か副業で稼ぐしかありません。大半の人は副業を選択すると思います。

つまり今後は国が正式に副業を認める流れが来るのは近いです。

しかし副業もビジネスですのでキャパが決まっています。副業の取り合いになることが予測されます。副業が解禁になったから、仕事が降ってくるわけではないです。副業と言えど自分から掴みに行かなくてはなりません。

また、より高単価で高効率な副業はやはり「先に始めた人が勝つ」のはわかりきったセオリーです。今後会社が副業を正式に認めてくれるまでの間、どう準備をしておくかが大切だと考えます。


※間違いなく「副業解禁」となった時に動き出してはもう遅いんじゃないかと思います。

デザイナーが副業向きな理由→クオリティの次元がそもそも違う

グラフィックデザイナーやwebデザイナーなどデザイナーを冠する職業は、副業というフィールドでは最初から有利です。なぜなら、今の時代の副業の多くは「デザインを必要としている」副業が多いからです。

ネット関連の副業で言うと、

  • ホームページデザイン
  • バナーデザイン
  • ブログデザイン
  • イラストデザイン
  • チラシデザイン

などありますが、本職のデザイナーは「現場で使っているプロのデザインを提供できる」という最強のカードを切ることができます。

例えば、有名なスキルのフリーマケットサイト「ココナラ」だけでも、これだけデザインの需要があります。

ロゴ作成・デザイン
チラシ作成・フライヤーデザイン
地図作成・案内図作成
カタログ・パンフレットデザイン
名刺作成・各種カードデザイン
メニュー・POP・ラベルデザイン
図面・CAD・パース・CG作成
CD・書籍デザイン
文字デザイン・筆文字
パッケージ・包装デザイン
ポスター・看板デザイン
結婚式・記念日・グッズデザイン
プロダクトデザイン
デザインデータ修正・変換
デザインの相談・ツールの使い方
その他(デザイン)

どうでしょう?デザインを必要としてるものはネット上でもかなり多くないですか?なのでデザイナーは副業しやすいんです。

クオリティの差は歴然

また、普段デザインの現場で戦っている人間の目線で見て、どうでしょう?
正直そこまでクオリティ高いものは・・ありませんよね?
自分のほうがクオリティ高いものが提供できると思った人は多いはずです。

それもそのはずです。
本職のデザイナーは普段クライアントからの厳しいリクエストや制作条件の中、ベストを模索して毎日生産しつづけている「職人」だからです。

デザイナーの多くが

・会社が副業を認めていない
・本業が忙しくて時間がない

こうした理由で副業参入できていないのが現状だと思います。

ですが、背に腹変えられずにそのうち本職のデザイナーが参入すれば一気に市場のクオリティレベルは変わると思います。

そうなってくると、今登録されている趣味の延長線のの人より、デザイン専門に時間を使って鍛錬をしているデザイナーが断然有利です。

そしてデザイナーといっても世の中にはゴマンといますので、解禁と同時に動けるように準備を進めていたデザイナーがより有利です。

体験談)グラフィックデザイナー時代、副業で月30万の収入と新しいスキルを取得しました

僕は20代の頃副業をしていました。当時はグラフィックデザイナーが本職でしたが、仕事が終わった後副業をしていました。(当時は寝る時間も削って副業していましたね・・)

当時やっていた副業は、以下の3つです。

・アフィリエイト
・web制作(ホームページ制作)
・デザイン請負(チラシ、パンフレット、名刺など)

それぞれの特徴は後で書きますが、この3つのことを副業することで収入とは別に得たものがあります。

・アフィリエイト→webマーケティングが勉強できた
・web制作 →HTMLやCSS、CMS構築などのノウハウが学べた
・副業デザイン請負 → 圧倒的な「作業スピード」を手にい入れた 

今にして思えば、この頃の経験が現在の仕事の基礎になってくれたと思います。収入以外でも得たものは今でも大きな財産です。「若い頃の苦労は買ってでもしろ」と親には言われたものですが、まさしくその通りになったと思います。


少し掘り下げます。

副業の代表格「アフィリエイト」でwebマーケティングの勉強できた

今や副業ネットビジネスの代表格「アフィリエイト」は、自分のサイトやブログに企業の広告を貼って収入を得る副業です。アフィリエイトは何が良いかと言うと

・初期費用が安い→一番安く抑えようと思えば、サーバー代、ドメイン代で月2,000円くらい
・リスクがほぼ無い→在庫などもちませんからリクスはほぼゼロです。
・やり方次第で月何百万の報酬を得る人もいる→割と再現性が高いのがアフィリエイトです。宝くじよりよっぽど現実的にアタリを引けます。

アフィリエイトはリスクが少ないのに、リターンがかなり大きいんです。

私が始めたのは今から15年くらい前でしたが、割とサクッと稼げました。毎月〜10万円程度働かなくても、サイトやブログを更新するだけで収入を得ることができました。

収入以上に自分の財産になったのは、「マーケティング」という概念を自分の中に取り込めたことです。マーケティングは簡単に言うと「稼ぐ方法」です。

ネット上で自分のことなど誰も知らない状態からサイトを立ち上げてビジネスする訳ですから、さながら荒野に店がポツンとあるような・・そんなところからスタートです。ネット上では経営者です。誰も助けてくれません。

必然的にお客さんを呼んでくるにはどうしたらいいか?売るためにはどうしたらいいか?を真剣に考えます。必死で情報を集めたりトライ&エラーを繰り返していると、稼ぐ方法が自然と身につきます。

マーケティング感覚はリアルで養おうと思っても実際にはなかなか機会もないですし、ネットほどリクスが低くありません。webで身につけたマーケティング感覚は、リアルでビジネスする上でもとても役に立ちます。

そういう意味でもアフィリエイトは広告の世界で生きていく上で、副業の中でもおすすめのビジネスと言えます。

web制作 の副業でHTMLやCSS、CMS構築などのノウハウが学べた

言うまでもありませんがweb制作は知識が必要です。
学ぶ知識は山程ありますが、その中でも「商売になる知識」を自分で選別して身に付けなくてはなりません。webの世界は日進月歩で、すべてのノウハウを取り入れようとしてもキリがないです。取捨選択が必要です。

まだweb制作にチャレンジしたことがないデザイナーは、副業を機にweb制作をはじめてみることをおすすめします。なぜなら、ビジネスとして向き合うことで少ない時間で効率よく「商売になる知識」を身をもって選別して学ぶことができるからです。

ビジネスですので納期もあります。クライアントの要望もあります。予算もあります。それらを実現するために必要な「知識」の選別能力が身につきます。

作ったこともないのに不安だ。

という人は、自分のブログやサイトを作って練習してみましょう。数をこなすことは大事です。

あまり上手く作れない・・という人は、それは目的がないからです。やはりビジネスには明確な目的があるから、達成するための方法を模索します。伴いスピード感も動き方も全然変わってきます。

ですので、自分のサイトやブログでも何か目的を決めて制作してみましょう。

私の場合は、少しだけかじったHTMLの知識をもとに見切り発車で副業でweb制作をはじめました。ですが、クライアントの要望を叶えるため、足りない知識を連日必死で勉強して身につけることができました(CSSのこと、CMSのことなど)。

ちなみに、なぜそんな見切り発車ができたかと言うと、やはり私には「デザイン」があったから(できたから)です。

「自分のデザインで他の人間とは違ったものを提供できる」と自信があったので
あとはそれを実現するHTMLやCSSやシステムのことを学ぶだけでした。

これから副業でweb制作を始める人より、グラフィックデザイナーは全然アドバンテージがあります。

だって既にデザインができるんですから。

副業デザイン請負 → とくかく数をこなしたので、最終的には圧倒的な「作業スピード」を手にい入れた 

パンフレット、チラシ、ポスター、名刺など普段やっている仕事の延長線である副業デザインは、とにかく数をこなしました。他副業もあったのでスピード重視!時間をとにかく短縮することに注力してました。

ネット上の副業デザインは普段やっている仕事に比べてかなり単価も安かったので、考え方をシンプルに「クオリティを上げる努力より落とさずスピードを上げる努力をしよう」と決めて行動しました。

デザインの仕事は数少ない「量質転化」ができる仕事です。

繰り返すうちに本業にも活かせるほどの作業スピードを手に入れました。結果クオリティも上げるヒントも得ました。

副業を始めるための準備

先に上げた副業をするための準備としては、簡単に言うと下記の行動をするだけです。

・アフィリエイト→ブログの開設(サーバーを借りる、ドメインを取る)
・web制作→仕事がもらえるようにクリエーターとして登録をする。自分でもブログを作ってみる(サーバーを借りる、ドメインを取る、WordPressに触る)
・デザイン請負→仕事がもらえるようにクリエーターとして登録をする。

共通して必要なのは自分をアピールしないといけないということです。

自分をアピールする場所を持とう

どんなに優れたデザインが作れても、ネット上では誰もあなたのことを知りませんので自分をアピールする場が必要です。

今ならブログがおすすめです。

・ブログに自分のデザイン作品を掲載する
・ブログでアフィリエイトをやってみる
・ブログでweb制作やシステムの勉強をしてみる

この3つのニーズを同時に叶えることができるからです。
初期投資も少なく(数千円)すぐにでも行動できるのも魅力です。

最小限の手順としてはエックスサーバーのサーバーを借りるだけ3つのニーズは叶います。

エックスサーバーは月額1,000円

X10プランなら1年契約で月額たったの1,000円です。スタバのフラペチーノ2杯分ですね。

WordPressのイントールが簡単。3クリックくらい。

エックスサーバーを借りれば、WordPressのインストールは3クリックくらいで簡単にできます。難しいFTP作業など必要ないです。

WordPressならデザインの掲載もすぐできる

WordPressは誰でも簡単に使える優れたCMSです。ブログが即できるので自分のデザイン作品などアップは簡単です。

アフィリエイトも可能

アフィリエイトももちろん可能です。

自分のサイトだから遠慮なくシステムの実装など実験ができる

自分のサイトなら色々なシステム実験ができます。技術習得の近道はトライ&エラーあるのみです。

»月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

慣れてきたら独自ドメインやWordPress有料テーマも検討するといいと思います。最初は数百円ではじめれるので、それで十分です。


▼別の面でもグラフィックデザイナーがブログを始めるメリットはあります▼

web制作、副業デザインの受注はまずはクリエーターとして登録しよう

副業web制作、副業デザインの受注するにはまずは登録が必要です。今はクラウドソーシングでweb上で完結することができます。
代表的な登録サイトは以下です。いずれも無料で登録できます。

»空いた時間で在宅ワーク【Bizseek】

»ココナラ

»フリーランス案件紹介サービス【クラウドテック】

副業ってリスクはあるの?ないの?

副業はリスクゼロ!なんてよく聞きますが、そんなことはありません。
リスクはどんなビジネスにでも必ずあります。

副業と言えど個人事業者として仕事を受ける訳ですからデザイン制作、web制作でも発注された仕事について責任を負う必要があります。(当たり前の話です)

・納期通りデザインができなかった
・作ったデザインやシステムに問題があった

などは、普通に責任は取らなくてはなりません。

普段サラリーマンをやっていると、個人が責任を取る場面は無いのでピンとこないかもですが個人事業者は誰も守ってくれません。自分で責任を持つしかないです。

一方でこれは成長できるチャンスでもあります。ビジネスの本質もわかりますし、何より経営者視点で動けるという普段できない経験ができるからです。

ゆくゆく独立のための足がかりになることもあります。

・いつかフリーランスで独立したい
・自分の会社を持ちたい

そう思っているデザイナーにとっては、副業はチャンスなんです。

唯一ほぼリスクゼロなのはアフィリエイト

副業はしたい。
でもリスク不安。

という人は、アフィリエイトがおすすめです。アフィリエイトは説明したようにリスクがほぼゼロです。ほぼというのは、数百円〜数千円と出費が少なからずあるからです。

それを除くと、基本的に自分のブログに自分で選んだ広告をチョイスして掲載するだけですからリスクは無いと言えます。いつもの仕事のように「クライアントがいて納期がある」仕事ではありません。

ただ、他デザイン請負の副業と違ってアフィリエイトはずっと儲からないままということもありますので、きちんと稼げるブログやサイトを運営できるように戦略、設計、テクニックを学びましょう。

アフィリエイトをはじめるには、まずはASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)への登録が必要です。登録は無料です。ASPはたくさんありますが、初心者におすすめなASPは以下です。

»A8.net

»もしもアフィリエイト

»アクセストレード

サラリーマン会社員デザイナーにおすすめな副業3選 まとめ

まとめると、

・サラリーマンデザイナーは副業をすべき(老後資金が心配)
・おすすめの副業→アフィリエイト、副業webデザイン、副業デザインの3種
・自分をアピールするための場(ブログなど)は、必須
・アフィリエイトするならブログから始めるべき
・副業web制作、副業デザインはリスクもあるが将来独立したいならやるべき
・リスク重視ならアフィリエイトがおすすめ

年金神話も完全に終わりました。老後の資金は自分で稼ぐ必要があります。まだグラフィックデザイナーの優位性が発揮できる時代です。

今のうちに副業についてのイメージを広げ準備を進めておきましょう。
必ず何年後か後に役立つはずです。

(完)