ロゴ
【note:検索上位を狙うブログ理論】一騎当千SEO

【青色申告おすすめアプリ:弥生会計】確定申告1週間前でも間に合う青色申告65万円控除の方法【簡単4つの手順】

フリーランス 仕事・働き方

こんにちは、ごま吉(@Lv1gomakichi)です。

  • 青色申告10万円控除してるけど、65万円控除にしたい
  • 青色申告65万円控除にチャレンジしたいけど、時間がもう無い…
  • Macでも青色申告できるソフトを探している
  • 簡単に青色申告65万円控除が実現できるアプリって結局どれなの?

この記事は、確定申告直前65万円特別控除を受けるべきか?悩んで情報を探している人におすすめです。

先に結論を話すと、確定申告期限1週間前まで何もして無くても間に合いますよ。

そのためには初心者でも簡単に操作できる会計ソフトが必要です。
私がおすすめする青色申告アプリ(ソフト)は、ド定番の弥生会計です。

なぜなら以前、確定申告の提出期限1週間前でも弥生会計なら、青色申告65万円特別控除が間に合ったからです。

この記事では、確定申告期限1週間前でも間に合う青色申告65万円特別控除の方法をご紹介します。

【青色申告おすすめアプリ:弥生会計】青色申告特別控除(65万円)の条件

まずは、青色申告65万円控除にチャレンジする前に条件のおさらいです。

青色申告65万円控除の条件

①青色申告承認申請書の届け出を提出済み
すでに青色申告10万円控除の方は提出済みとは思いますが、青色申告を行うには、青色申告を行う年の3月15日までに青色申告承認申請書の届け出が必要です。

②所得の種類が山林所得のみでないこと  

③不動産所得の場合、事業として行われていると認められること

④複式簿記で記帳していること ←重要


⑤現金主義でないこと

現金の動きはなくても取引きが発生した時点で帳簿に記載する「発生主義」が原則となります。青色申告特別控除(65万円)を受ける場合、現金の動きがあった時点で仕訳を行う「現金主義」は認められません

⑥申告時に、記帳に基づいて作成した損益計算書と貸借対照表を添付すること

⑦確定申告の法定期限を守ること(原則確定申告の法定期限は3月15日)


\初年度利用料がなんと無料/

【弥生会計】青色申告オンライン 
  • 途中解約も可能!
    確定申告書も簡単に作れます!!
    青色申告特別控除65万円も簡単にチャレンジ可能

    【青色申告おすすめアプリ:弥生会計】1週間で間に合う!青色申告65万円控除の方法【簡単4つの手順】

    事業の内容にもよりますが、仕入れが極端に少ない業種ほど短時間で帳簿整理が可能です。特にデザイン業やライター業は仕入れが少ない業種なので時間が少なくてもおすすめです。

    複雑に考えずにやれば、たったの4つの手順で終わります。

    間に合わせるために必要な書類や資料

    最低でも下記の準備が必要です。

    ①領収書(カードの明細でもOK)
    ②事業口座(または仕事の報酬が振り込まれる預金口座)の通帳
    ③発行した請求書 (控えまたはデータ)
    ④生命保険など控除用の書類
    ⑤会計ソフト



    基本的に確定申告を経験済みの人は①〜④までの準備物は問題ないと思いますが、ポイントは⑤の会計ソフトです

    私は初心者でも簡単に複式簿記ができるやよいの青色申告オンラインをオススメはします。詳しくは下記の記事でも紹介しています▼



    簡単に弥生会計の特徴を説明すると

    • 複式簿記が簡単に作れる
    • 決算書(「損益計算書」「貸借対照表」)や総勘定元帳など自動的に計算してくれる
    • クラウドソフトだからパソコンの機種は関係ない
    • Macも対応可
    • いつでもどこでもアクセスできて記録できるから超便利
    • 操作が全会計ソフト中No.1に簡単

    こんなに凄い機能を搭載しています。

    もっと簡単に言うと、日々の売上や仕入れ、経費を記録するだけで確定申告65万円特別控除に必要な書類をすべて、自動で生成してくれる神機能です。


    \初年度利用料がなんと無料/

    【弥生会計】青色申告オンライン 
  • 途中解約も可能!
    確定申告書も簡単に作れます!!
    青色申告特別控除65万円も簡単にチャレンジ可能

    1週間で青色申告特別控除(65万円)をやり切る4つの手順

    手順は超シンプルです。

    領収書の整理

    まずは、事業で使用した領収書を集めます。日付ごとに時系列で整理ができたらやよいの青色申告オンラインで入力していきます。

    弥生会計の操作は日付に沿って入力するだけです。 

    請求書の控えをもとに、売上(売掛)の登録

    クライアントに発行した請求書をもとに、弥生会計に入力をします。

    事業口座、預金口座を使って、口座の入出金や回収した売上を記載

    事業用の口座がある人は、口座の入出金記録に沿って入力をしましょう。

    クライアントからの入金も入力します。弥生会計では、仕訳時に売掛回収なども、きちんと入力すればシステム内で、未収金を自動で相殺してくれます。

    生命保険などのその他控除書類を手元に、会計ソフトに入力

    お手元に、社会保険控除証明書生命保険控除証明書などがあればガイドに沿って入力していくだけです。



    以上です。最後にPDFを出力、印刷して提出すれば完了です。
    (※自宅からe-tax利用ならもっと楽にできます)

    【青色申告おすすめアプリ:弥生会計】青色申告65万円控除の確定申告で提出する書類

    提出する書類は、

    決算書(「損益計算書」「貸借対照表」)



    確定申告書B




    もうこの書式を見ただけで戦意喪失する人もいますが…安心してください。
    すべて弥生会計が自動的に出力してくれます。

    また、弥生会計なら補助簿(仕訳帳・総勘定元帳など)も自動的に帳票を作ってくれます。補助簿は提出の必要はありませんが、7年間は保管義務アリですのでプリントしておきましょう。


    補助簿一覧概要
    現金出納帳現金での取引を日付順・発生順に記録する帳簿
    預金出納帳預金での取引を日付順・発生順に記録する帳簿。 簡単に言うと、事業で使う預金通帳の内容を記録していくことになる
    仕入帳仕入れに関する取引を記録する帳簿
    売上帳売上に関する取引を記録する帳簿
    買掛帳自社で売るための商品や材料を仕入れて、 支払いが後日になる場合の「買掛金」を記録するための帳簿
    売掛帳商品を売った際に代金を回収しておらず、 取引先からの支払いが後日になる場合の「売掛金」を記録するための帳簿



    最後に提出するものとしては、

    控除関係の証明書類

    ですね。社会保険控除証明書生命保険控除証明書などの証明書類も入力後は一緒に提出します。

    【青色申告おすすめアプリ:弥生会計】確定申告1週間前でも間に合う青色申告65万円控除の方法【まとめ】

    提出まで1週間しかなくても弥生会計なら気合入れて慌てずやれば、間に合います。10万円控除と65万円控除では控除額が55万円違いますので、めんどくさがらずに1週間だけ集中してチャレンジしてみることをオススメします😌

    • 確定申告青色申告65万円特別控除を受けるための条件を確認する
    • 間に合わせる最低限必要な4つのステップを実行
    • 計算や出力は弥生会計で、自動化


    令和2年度より65万円控除の条件が変わりますので、こちらの記事も合わせてご覧ください▼


    人気記事【無料あり】VODおすすめ比較表:どこよりも分かりやすい動画配信サービスのまとめ【2020年版VOD:アニメ、映画、ドラマ、スポーツを楽しむコツ・ポイント】

    人気記事【ストレスフリー】GMOとくとくWiMAX:speed wi-fi next w06をレビュー【充電器の事前準備はコレでOK】