ロゴ
【note:検索上位を狙うブログ理論】一騎当千SEO

【Macで確定申告】e-Taxソフト(web版)を使ってMacで確定申告する方法と手順【画像57枚で説明:弥生会計で実践】

フリーランス 仕事・働き方

こんにちは、ごま吉(@Lv1gomakichi)です。

この記事は下記の方に向けて書いています。

  • Macユーザー
  • e-Taxにチャレンジしてみたい
  • 色々見るけどe-Taxの手順が分かりにくい
  • 弥生会計オンラインユーザー

記事を書こうと思った理由は、Macユーザー向けのe-taxでの確定申告手順の情報が少ないと思ったことと、『弥生会計オンライン』ユーザー(かつMacユーザー)向けのe-tax手順がググっても出てこなかったからです。

ですので、freeeを使っているという方はこの記事はスルーで良いと思います。

ただ、会計ソフトを導入してないユーザーや、毎年土日を潰して確定申告会場に行くのが嫌だというユーザーは見ておいても損は無いかなと思います。

こんな時期だから、混雑した場所へ行きたくないですよね(›´ω`‹ )
e-Taxなら家から出ずとも確定申告が可能です。

【Macで確定申告:e-Taxソフト「web版」を使ってMacで確定申告する方法と手順】e-Taxのメリット

まず最初にe-Taxって何?という人のためにe-taxのメリットを簡単に伝えると、

  1. 家で確定申告完了
  2. 紙の申請が一部省略できる(添付書類など)
  3. 令和2年度(2020年度)からは、e-Taxにすれば控除額が10万円増える

この3点です。
一番のメリットは①の自宅で完結できるという点ですね。あの大混雑の確定申告会場に行かなくて済みます。

特設されている確定申告会場は平日しか開場していないエリアも多いです。土日の開催日はわずか数日しかチャンスが無いこともあります。税務署もこの時期は割と混んでいます。

できれば、こんな時期だから人混みを避けたいですよね

②について補足すると、e-Taxを利用すると省略できる添付書類は以下です。

  • 給与所得者の源泉徴収票
  • 年金受給者の源泉徴収票
  • 社会保険料控除の証明書
  • 生命保険料控除の証明書
  • 地震保険料控除の証明書
  • 住宅ローン控除の借入金年末残高証明書(2年目以降)
  • 医療費控除の領収書
  • 寄付金控除の証明書
  • 特定口座年間取引報告書
  • 雑損控除の証明書

ただし、各書類は5年間保管義務があります。

③については、こちらの記事で詳しく紹介していますのでご覧ください。

ちなみに還付金の返還もe-Taxなら早く受けることができるようです。

Macを使ったe-Taxソフト「web版」に必要なものは4つ

事前に以下のツールを準備しておきましょう。いざ向かおうと思っても準備物が揃ってないと進みません。必要なものは、以下4つです。

  1. Mac本体(Mac OS 10.12〜Mac OS 10.15)
  2. ブラウザ(Safari 12.1〜Safari 13.0)
  3. ICカードリーダライタ
  4. マイナンバーカード(パスワードと暗証番号が必要)
  5. 弥生会計オンラインのダウンロードデータ

Mac本体(Mac OS 10.12〜Mac OS 10.15)

MacのOSは、10.12〜10.15までが対象です。ページに入った瞬間に判別してくれますのですぐに分かります。

ブラウザ(Safari 12.1〜Safari 13.0)

Macだとブラウザは、サファリ1択です。Chromeなどは未対応のようです。
ちなみにSafari13.0.5でも問題なく申請が完了できました。(※アラート上△表示はされました)


OSとブラウザの一覧表

OSブラウザ
Mac OS 10.11Safari 11.1
Mac OS 10.12 Safari 11.1、Safari 12.0
Mac OS 10.13Safari 11.1、Safari 12.0
Mac OS 10.14Safari 12.0

ICカードリーダライタ

e-Taxで電子申請するには、マイナンバーカードを読み込むICカードリーダライタが必要です。私がおすすめのカードリーダライタは以下です。大手NTTが製造しているカードリーダライタです。Macにも対応しています。

created by Rinker
NTTコミュニケーションズ
¥4,980 (2020/11/28 12:40:36時点 Amazon調べ-詳細)


購入したカードリーダライタはこんな感じです。


ちなみにこちらの商品は、USB対応ですがtype-Aです。

type-Aはこんな感じ↑


最近のMacBookProなどはUSB−type-C対応の本体が殆どです。購入の際は合わせて変換用のハブも準備しておきましょう。

USB Type C ハブ USB C ハブ USB C ドッキングステーション 7in1 変換 USB3.0 HUB PD急速充電 高速データ転送 4K HDMI出力 SD/Micro SD カードリーダー 軽量 超スリム 持ち運び便利 防熱強化 多機能 USB タイプ C 変換アダプタ MacBook/MacBook Pro/ChromeBook対応 (グレー)
Excuty

マイナンバーカード(パスワードと暗証番号が必要)

地味に忘れそうになるマイナンバーカードが必要です。

ちなみにカードリーダライタでマイナンバーカードを読み込ませる際に、4桁の暗証番号を聞かれます。(3回間違えたら市役所で再発行手続き…)

また、途中マイナンバーカード用に設定したパスワード(半角英数字)も必要ですので事前に確認しておきましょう。(こちらは5回間違えたら同じく市役所で再発行手続きです)

ド忘れしている人も多いと思いますが発行時に、こんな用紙を記入するはずです。控えが自宅にあるなら探しておきましょう▼

弥生会計オンラインのダウンロードデータ

会計ソフトの決定版「弥生会計オンライン」については、こちらの記事で詳しくまとめています。

【Mac版】e-taxソフト「web版」で確定申告する方法と手順【弥生会計オンライン】

手順は、抜群の使いやすさを誇る「弥生会計オンライン」の使用を前提に説明しますが流れは他ソフトの方も参考になると思います。

大きな手順の流れは以下です。

  1. e-Taxの開始届出書作成【事前準備】
  2. 【電子申告・納税等開始届出書の提出】利用者識別番号の取得
  3. 弥生会計で確定申告データをダウンロード
  4. カードリーダライタのドライバをインストール
  5. e-Taxソフト(WEB版)の利用【事前準備】
  6. e-Taxソフト(WEB版)の利用開始→確定申告データをアップロード

e-Taxの開始届出書作成【事前準備】

まずは開始届出書の作成に際して事前準備です。

以下公式サイトの5つの手順に沿って確認をします。

公式e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナー【事前準備】

手順3では、ルート証明書・中間証明書のインストールが必要ですのでダウンロードしてインストールしておきましょう。

【電子申告・納税等開始届出書の提出】利用者識別番号を取得する

「電子申告・納税等開始届出書」の提出するために、e-Tax公式サイトにアクセスして利用者識別番号を取得しましょう。

memo
インターネットを利用したデータのやりとりにおいて、免許証やパスポートのような本人確認の役割を果たすものが電子証明書であり、データの真正性を保証するために必要なものが電子署名です。


公式e-Tax公式サイト

e-Taxソフト(WEB版)をクリック


開始届出書の作成・提出をクリック


個人の方をクリック


必要な項目を埋めましょう。



暗証番号を自分で決めて入力しましょう。入力が終わったら確認画面が出ますのでプリントやメモなど必ず控えておくようにしましょう。



16桁の利用者識別番号暗証番号も控えておきましょう。


確認のメールが来ますので、URLをクリックします。利用者識別番号暗証番号を入力すれば電子申告・納税等開始届出書の提出が完了です。

弥生会計オンラインからe-Tax用データをダウンロードする

弥生会計にログインしたら左メニューの確定申告ステップ4所得税e-Tax申告データダウンロードしておきましょう。


取得した利用者識別番号マイナンバーを入力します。

ICカードリーダライタのドライバをインストール

ICカードリーダライタのドライバをインストールします。
今回は、NTTコミュニケーションズの非接触型ACR1251CL-NTTComを例に説明します。

公式NTTコミュニケーションズ ICカードリーダライタ

アクセスして該当の商品をクリックします。


こちらのドライバをインストールします


ダウンロードしたらこちらのファイルをダブルクリック


インストールを実行します

e-Taxソフト(WEB版)の利用【事前準備】

次のe-Taxソフト(web版)を使うための事前準備をしましょう。
公式ページにある手順1〜7を確認します。

公式e-Taxソフト(WEB版)又は受付システムを利用するに当たって

特に手順4にある事前準備セットアップツールをダウンロードは忘れないように実行しましょう。


ダウンロードしてセットアップを実行しましょう


e-Taxソフト(WEB版)の利用開始

e-Taxソフト(WEB版)のログイン

e-Tax公式サイトにアクセスして、e-Taxソフト(WEB版)をクリックします。

公式e-Tax公式サイト


ログインすると自動的に環境のチェックが実施されます。
Safari13.0.5を利用すると下記の表示()でしたが、最後まで問題なく実行できました。


ログインをクリックします。

ログインをクリック


マイナンバーカードの読み取りへをクリックします。

memo
マイナンバーカードの読み取りではなく、下記に利用者識別番号暗証番号の入力でもログインは可能です。



カードリーダライタのセットアップはこんな感じです。

カードリーダライタの上にマイナンバーカードを置くと照合が始まりますので、4桁の暗証番号を入力します。



※3回連続間違えるとロックがかかるので注意

カードリーダライタはそのまま接続しておきます。

利用者情報の登録

ログインしたら利用者情報の登録をクリックします。


氏名の入力納税地等の入力ができたら、電子証明書の登録をクリックします。


カードタイプの電子証明書のご利用を選んで「次へ」をクリックします


マイナンバーカードを選択して「次へ」をクリックします


続いてパスワードを入力します。こちらは、英数字で設定したパスワードを入力します。※5回間違えるとロックがかかるので注意


確認したら「登録・更新」をクリックします



即時通知の確認をします。一応データは保存しておきましょう。


受信通知の確認をします。こちらもデータは一応ダウンロードしておきます。


入力内容を確認します。


登録完了です


申告・申請・納税(ファイルのアップロード)

次に弥生会計からダウンロードした確定申告情報をアップロードします。
申告・申請・納税のボタンをクリックします。


新規作成の操作に進むをクリックします。


「参照」をクリックします


弥生会計からダウンロードしておいた.xtxファイルを選択してアップロードしましょう。


データがアップされると実際に提出する帳票の確認もできます。
チェックリストで選んで表示しましょう。また控えを手許にも保存しておきましょう。確認が終わったら次へ進みます。


続けて電子署名の付与をクリックします。


「カードタイプの電子証明書をご利用の場合」を選択します。


マイナンバーカードを選択します


マイナンバーカードに設定しているパスワードを入力します。


電子署名の付与をクリックします。


電子署名の付与が完了しました。


画面を戻ると、下記のような感じで署名済みのマークが表示されます。


即時通知の確認をしましょう。一応データは保存しておきましょう。
次に受信通知の確認をクリックします。


受信通知を開くと「データを受け付けました」と表示されます。
これで電子申告は完了です。
※受信されたデータ類も一応ダウンロードして保存しておきましょう。



生命保険料控除の書類などを「郵送」する人

ページの下部に送付書というボタンがありますので、こちらをクリックして出力して、生命保険控除書類などと一緒に管轄の税務署に送付しましょう。


送付書はこちら↑


控除関係の書類についてはこちらの台紙を使い貼付ます。
表面には、マイナンバーカードの写しを貼付し、裏面に控除関係の書類を貼付しましょう。(控除関係の書類は一応コピーなど手許に控えておきましょう)


ちなみに台紙は弥生会計の管理画面のこちらからダウンロードできますよ。

本当に送れたかどうか不安な人に

一番最初にe-Taxをすると「本当にこれで送れているんだろうか」と不安になると思います。管理画面のメッセージボックスを見れば受付完了したかどうか確認することができます。

まとめ【Macで確定申告】e-Taxソフト(web版)を使ってMacで確定申告する方法と手順【弥生会計オンラインでやってみた】

まとめますと、

e-Tax確定申告のメリット

  • 家で確定申告完了
  • 紙の申請が一部省略できる(添付書類など)
  • 令和2年度(2020年度)からは、e-Taxにすれば控除額が10万円増える

Macでe-tax(WEB版)で確定申告するのに必要なもの

  • Mac本体(Mac OS 10.12〜Mac OS 10.15)
  • ブラウザ(Safari 12.1〜Safari 13.0)
  • ICカードリーダライタ
  • マイナンバーカード(パスワードと暗証番号が必要)

e-tax(WEB版)のやり方・手順

  • e-Taxの開始届出書作成【事前準備】
  • 【電子申告・納税等開始届出書の提出】利用者識別番号の取得
  • 弥生会計で確定申告データをダウンロード
  • カードリーダライタのドライバをインストール
  • e-Taxソフト(WEB版)の利用【事前準備】
  • e-Taxソフト(WEB版)の利用開始→確定申告データをアップロード

実際のところ、一通りやると調べながらで最初は1時間〜2時間かかると思います。ただ翌年以降は、おそらく30分もかからないと思います。

このあたりの作業時間とメリット・デメリットを考慮して自分にあった申告方向を選ぶと良いと思います。下記のように税務署に直接行ったほうが楽なパターンもあるようですのでご参考ください。



今回ご紹介した確定申告の万能ソフト『弥生会計オンライン』について、以下でもまとめています。


人気記事【無料あり】VODおすすめ比較表:どこよりも分かりやすい動画配信サービスのまとめ

人気記事【ポケットwifi】GMOとくとくWiMAX:speed wi-fi next w06をレビュー【ストレス激減】