ロゴ

凡の人

エッセイ

昔は変わり者と呼ばれていた。


歴史上に名を残す人物には、このフレーズがお約束。

何者かになりたくて

自分にそういった非常識的な部分を探すも
「変わった部分」が欠けていることに気づく。

つまり凡の人なのだ。

非常識を妄想する

日本の歴史上有名な織田信長も
相当な変わり者であろう。

「長篠の戦い」以前の戦いは
当時は基本的に一騎打ちのスタイル。

武将は戦場で自分の出身地やら
家系,名前、年齢,戦歴などを互いに
告げ合ってから戦っていたらしい。

しかし、信長は武田勝頼を撃破するために一騎打ちを拒否。
策を講じて、有名な鉄砲隊の三段構えで軍勢を迎えた。

武田にしてみれば、その非常識を批判しただろう。
「やはり『うつけ』じゃ!訳のわからぬマネをしよる!」といった風に。

しかし、常識の武田は非常識の信長に敗北した。

まあ、よくよく考えれば、
武将の一騎打ちも、最初は非常識だったのでは無いかと考える。
(普通にぶっ飛んだスタイルに思う)

だが、「あれ、イイじゃん」ってことになって、
みんながやり始めた。

常識に変わってしまった訳だ。

常識は「マヒ」であり「思考停止」でもある。

これは実は怖い。
武田軍は思考停止した悲惨な例だ。

「名を馳せた人」というのは、
信長のように常識を認めず、「マヒ」や「思考停止」を受け入れなかった人が多かったのだろう。

昔は「夜を明るくする」といった非常識こそが、
夢そのものだった時代もあったのだ。

だが、非常識を常識にしていった現代人にとっては、今や非常識を見つけること自体が難しくなってきているよう思う。

非常識の発見こそが夢の始まり

非常識の発見こそが夢の始まりであり、偉業への第一歩である。時代が変わっても、変わらない本質を今こそ見つめ直したい。

日常生活の中で
「あれって、できないかな?」
と思考したり、

「これ、変じゃない?」と、
ちょっとした違和感を感じとることが
今や大切なんじゃないだろうか。

常識にとらわれない「変わり者」が
ウケる要素は現代に多分にある。

かの有名な、エジソンも最初は
「変わり者」だったに違いない。

しかし、彼はやってくれた。

エジソンは天才だ。


誰もが認めることだが、
だれもが等しくエジソンになれるチャンスは持っていた。

途方も無い非常識を追いかけたのがエジソンだったのだ。

天才とは1%のひらめきと99%の努力である


それは、資質や才能なんて
脳みそのオプションに過ぎないってことだろう。

あとは自分の意識次第なのだ。

日常を何となく過ごすのをやめて
非常識を妄想する。

意外と刺激的だ。


人気記事副業ブログのノウハウ

人気記事withコロナ営業のノウハウ