ロゴ

ネガティブにつける薬

エッセイ

使わなくなった足の長~いテーブル。
足を取っ払って、短いコタツの足を付けたら、、、

あらあら
結構イイ感じのちゃぶ台に出来上がっちゃったよ。

足る状態


新型コロナウイルスのせいで
めっきりネガティブモードの人も多いと思います。

私もかつてない世界の状況を目の当たりにアンダーな状態。

こんな状況だと
何をやっても上手くいかない、裏目に出てしまう…
スパイラルが続きます。

例えるなら、パチンコで自分の離れた台が
ソッコーで当たってしまうような感じ…。

動くほどぬかるみにハマっていくような
そんな状態です。

嗚呼、ネガティブ。


ネガティブ…微妙な響き。

ネガティブとは集中力が欠け、
視野も極端に狭くなっている状態なのだと
私は捉えています。

こんなときどうすればいいのか?

ネガティブの原因の大半は「不満」。
欲求が満たされていない状況がその土壌となっています。



けど、不満って本当に「満たされてない」状態なのかと思ってしまう。


身の周りの事を冷静に考えてみてください。
日ごろ不満に感じていることは、
考え方次第で変わることが多い。

裏を返すと、
満足できるケースが山のように転がっている
とも取れる。


どんな状況でも

「足りている」
「満たされている」



そう思うことができれば、
どんなに幸せだろう。

余裕が心を満たし、
人生の視野も信じられないくらい広がることだろう。

人生をHAPPYにするイマジネーションは
誰しも平等に備わった「能力」だ。

肝心なのは「心の在り方」だ。

人生の好不調なんてのは、
ある程度自分でコントロールできる。

自己満足という言葉で
片づければそれまでだけれど

人生は明るく前向きに生きた方が
やはり楽しいはず。

「自己満足」こそが
「ポジティブ」への扉。

ちょっとした気の持ちようで、
日常がガラリと変わってしまった…

よく聞く話だ。

行き詰まったら
視点を少し変えると良い。


難しかったら
思い切って逆立ちしたら良い。

想像力を…もっと。


人生をHAPPYにするイマジネーションは
誰しも平等に備わった「能力」だ。

だとすれば、使う側に回りたい。
使い倒してやりたい。

ネガティブな自分は嫌いじゃない。
人間臭さの先に、いつもHAPPYがあるからだ。


人気記事副業ブログのノウハウ

人気記事withコロナ営業のノウハウ